エッセイ

食事をしながら本を読むことについて。

先日は昼過ぎに仕事を終えて、九州に住んでいる人であれば知る人ぞ知るファミレス「JOYFULL」で昼食をとりました。

友人や家族と一緒にとる食事はとても良いものですが、僕は一人でとる食事も好きです。

夜に一人はちょっと寂しいですが、天気のいい日の午後、ラッシュの時間を避けて一人で店に入って食べるゴハンは最高やな~と。

壁際の、誰にも邪魔されないスペースだとなおよし。

そこで本を読みながらご飯を食べるのが最高に美味いんですよね~。

マナー的に良くない事は重々承知なんですが、僕の中の幸せランキングでもかなり上位の時間なので、ついついやってしまいますね。

もちろん、誰かと一緒にいる時は可能な限り、その人との食事の時間に集中するようにつとめるのですが。

食事をしながら本を読むことはマナー違反か

食事に対して敬意がない、とか食事を作った人に対しての敬意がないというのが、そもそもこの「食事時に本を読んではいけない」マナーの成り立ちなのでしょうけれども、僕は本当に、この時心から感謝して食べているのです。

美味しいゴハンになってくれてどうもありがとう。

美味しいゴハンを作ってくれてどうもありがとう。

そのうえで

美味しいゴハンを食べながら本を読ませてくれる贅沢をさせてくれてどうもありがとう。(僕は今最高に幸せです)

というですね。

これはもう、ちょっと乱暴なまとめ方をすると、ピザとコーラの関係のようなものだと思うのです。

ピザを食べながら飲むコーラは、いうまでもなく最高です。

でもこれら2つを合わせて食べる事で、ピザとコーラ、それぞれの純粋な味は、味わう事が出来ません。

これはひょっとすると、ピザとコーラの原料や、それを作った人に対しては失礼な事なのかもしれません。

しかし、ピザとコーラを一緒に食べる事で、それぞれ単体で食べた時に比べて何倍もリッチな気分になれるのです。

まあ色々述べましたが、人は慣習や常識に縛られず、贅沢や幸せを好きなだけ追い求めても良いものなんだろうと最近はよく思っています。

生き方の根底に感謝があれば、どこまでが許されて、どこまでが許されないのかは、自然と心得る事のできるものではないでしょうか。

生き方の根底に感謝を持つ。という事が口でいうほど簡単ではなかったりするんですけどね。

でも言い続ける事が大事な事なのだろうと思っています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

僕は車を走らせながら窓を開けて飲むコーヒーや、食べるアイスも大好きです(涎)

それではまた。

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)
扶桑社 (2012-09-01)
売り上げランキング: 3,706

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    自分の記憶を外部に持つという発想。日記のすゝめ。

    いいなと思った事はとりあえずやってみようと思っていて、日記をはじめまし…

  2. エッセイ

    ぼくが自分の直感を信じずにバカを見たはなし

    先日、高速道路で鹿児島から佐世保に帰ってきている時のことです。…

  3. エッセイ

    生きることはそれ自体、すべてが仕事なのかも知れない。

    最近は仕事が面白くなってきた。やっぱりふと考えてみたときに、い…

  4. こころ

    怒りを感じた時に唱えるとよい、最強のコトバ

    最近は怒ることについてよく考えています。http://gira…

  5. Mac

    文章を多く書く人はMacを使うべき?「半角/全角」キーと早めに決別するべき理由

    Macbookのキーボードのキー配列って、Unix配列って言われるもの…

  6. エッセイ

    人の幸せを自分の事のように喜べるという事。

    僕はここ数ヶ月、自分自身を長く見つめていて、その奥の奥の深いところ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. カメラ用品

    西海市の自然は僕の心の故郷感。西海橋公園を散歩してきました写真
  2. エッセイ

    永遠は瞬間に達してループする
  3. 西の果てで夕日を浴び放題浴びてきました。長崎県西海市外海町の写真
  4. スポット

    孔子廟での撮影
  5. mvno格安SIM

    MVNO格安SIMに変更するなら、店頭での手続きをオススメする理由
PAGE TOP