エッセイ

ネガティブな事には同じだけポジティブな要因が潜んでいる。

IMG_7510
先週大阪にいたんですが、さすがは「くいだおれ」発祥の地でありました。

ふらっと入った店の食べ物がすべて美味しかったことにはおどろいた。

特に大阪といえばたこ焼き。さすがは大阪のたこ焼き、大変美味しく、よい思い出ができたもんです。

ねむる前に、あした腹が減るのが嬉しいと感じたこと

夕食を腹いっぱい食べてしまったので、「今夜はもう大阪の食べ物を楽しむ事はできないのだ。」と少々気持ちが沈んでしまった事がおもしろかった。

はんぶん持たれかかった胃を抱えながら部屋に戻って、そのまま眠りに落ちる前

「ああ、明日またこの腹が減ってくれるという事の嬉しさよ・・・。」

と感慨深い気持ちになったものです。

大阪、食い倒れの街よ。

しばらく故郷を離れて、その良さがわかった。

普段あまり旅行などをしない自分にとって、しかも人混みが好きではない自分にとって、初めて訪れた大阪への旅は大きな衝撃でした。

本来ならば今回も沖縄の離島にゆく予定だったのでした。しかし度重なる予定の再調整によって京都にゆく事になりました。

人のいないところに行きたいという思いは、真逆の結末を迎えたわけです。

しかし、今は京都、大阪に行って本当によかったと思っています。

ときどき福岡に行ったときにも人の多さを感じなくもないのですが、やはり大阪、福岡よりも人が多い。

そしておもいました。自分の住んでいる街、佐世保のこの適度な人の量がなんと心地の良いことかと。

ネガティブなものには同じぶんだけのポジティブが潜んでいる。

この間、面白い話を聞きました。

男前の人が、ベンチでよこに座り、頭をさわりながら「そろそろ散髪いかないとなあ」と言いました。

まあ普通です。なんの変哲もない事です。

しかし、男前の人が、頭のハゲた人であればどうでしょう。

ある頭のハゲあがった男性が、ベンチでよこに座り、頭を触りながら「そろそろ散髪いかないとなあ」と言ったとします。

ぼくは笑ってしまうと思います。そしてその日はいい一日だったと思うかも知れません。

頭の髪の毛が少ないというのは本来なら少し、さみしいものです。

しかし、そこには同じだけのポジティブな要因が潜んでいるという事です。

うまくは言えないけれども、なんだか希望を感じる話ではないでしょうか。

ちなみに読者の方に髪の毛が少なくて気にしている人がいらっしゃったらすみませんでした。

わたしの家系もわりかしハゲ家系なので、いずれ僕もハゲゆく運命(さだめ)だと思います。

この事実をもってご容赦ください。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた!

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    正しい仮眠をとって元気に一日を過ごす!というのを試してみました

    先日、パワーナップ仮眠法という本を読みました。パワーナップ仮眠…

  2. エッセイ

    土日の部活がなくなるかも?子どもたちはもっと広く可能性を探す事が出来る気がする。

    僕は中学生の頃、部活をやっていなかった。正確に言うと中学校の入…

  3. こころ

    あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ

    今見てるぼくの景色は、他人の目を通してみるとまったく別の景色に写るもの…

  4. スポット

    桜の花の咲く佐世保の写真と、新年度の始まりに購入した手帳のお話

    今日は佐世保の街をブラブラしてきました。写真は少ないのですが、20…

  5. エッセイ

    ぼくが自分の直感を信じずにバカを見たはなし

    先日、高速道路で鹿児島から佐世保に帰ってきている時のことです。…

  6. エッセイ

    祝させぼ通信1周年。なぜ山頂の野良猫に餌を与えてはいけないのか

    させぼの出来事を市民のみなさんにお届けするウェブメディア「させぼ通信」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. こころ

    道に横たわるホームレスの見る夢はどんなものだろう
  2. エッセイ

    僕たちの嘘は本当のところ、少しも隠せていないんだろう。
  3. 日記

    させぼ市民活動交流プラザのコンピューター講座に行ってきました。
  4. エッセイ

    神さまを想うという事。星野源「SUN」を聞いて感じたこと。
  5. エッセイ

    新しい世界の未来予想。まもなくバーチャル・リアリティの時代が来ます。
PAGE TOP