エッセイ

人はなぜ眠るのか。30代になってから変わった睡眠に対しての意識

最近はJazzが熱くてですね〜。
ということでイカした1トラック、Acro Jazz Laboratories – Faithful をご紹介します。

しかし一昨日くらいからまたエレクトロニック系が再燃しまして、そちら方面に旅をはじめました。果てしないぜ、音楽・・・。


冬の時期はいつもより多く眠ってしまう気がします。

これはおそらく、温かい時期にくらべて、体温調節のために日中に使っているエネルギーが大きいからかな?などと思っていますが、人はそもそもなぜ眠るのでしょうか。

人はなぜ眠るのか

3079439647_1d1e8793d0_b

脳は常に働いている

脳は日中、意識のある時はつねに外界のストレスにさらされています。

また、人間には無意識の領域があり、一見、そんなに脳を使っていないと思われるときにさえ、無意識に入ってくる情報を脳は処理しつづけなければなりません。

たとえばものを触ったり叩いたりするとき、人間の脳は瞬間的に接触する部分の皮膚感覚を低下させ、鈍化させます。

こうする事によって人間は目の前の作業に没頭する事ができます。

これは、自分の体を自分でマッサージしても、人からしてもらうほどには気持ちよくない事や、自分でワキバラやコシにさわった時に、人から触られるときほどくすぐったくない事からご理解いただけると思います。

もし、脳が皮膚感覚を鈍化させることをしなければ、人は自分の体を触る事すら難しくなるという事です。

脳の使うエネルギー

22135624309_f37ffa5e56_b

脳はだいたい体重の2%ほどの重さにもかかわらず、人間の全消費エネルギーの20%をも消費する事がわかっています。

人間の臓器のなかでも抜群に燃費のわるい部分です。

また、それだけのエネルギーを消費する事から大量の熱が発生します。

この熱が原因で、寒いところに住んでいる人ほど脳が大きく、暑いところに住む人ほど脳が小さい事が判明しています。

なぜなら、脳の体積が大きいほど、脳の表面積の比によって放熱の効率がさがるからです。

(水風船に水を入れたものを更にふくらませるのを想像すると、増えた体積に対して表面積がさほど増えないのがわかるかと思います。放熱には、体積にたいして表面積が大きいほど有利です。
)

ただし、脳が大きいからIQが高い、などという関係はない事がわかっています。(そうだとすればクジラが世界最高のIQの持ち主です)

暑いところに住んでいる人は、その機能を保ったまま、脳のオーバーヒートを防ぐために、小さくする必要があったのです。

そのため髪の毛がチリチリになって、その中に空気を蓄える事で断熱するように進化したのですね。

だから、脳を休ませなければならない

覚醒時につねにフル回転している脳の疲れをとるため、そのために人は眠るのです。

また、眠る事によって、技能習得が早くなるという研究もあります。

たとえば、スポーツや楽器など、前日にみっちり練習して出来なかった事が、眠った翌日すんなりと出来たというような経験をお持ちの方はいないでしょうか。

これは眠っている間に、脳が情報を整理する事で、可能になっているのです。

ひらめきや、きづきを得るには、十分な睡眠をとったほうが有利である事もわかっています。

また、眠る時間がすくない事で病気や生活習慣病のリスクが増加する事もわかっています。

眠る事は時間の浪費か

トーマス・エジソンは「睡眠は時間の浪費である」を口癖にしていました。

かつて、僕も同じ事を思っていました。

(今でもそう思っているフシがなくもないのですが〜。。。)

しかし経験から、少なくとも自分は睡眠を十分に取らないと性能が100%発揮できない事が、わかりきってしまいました。

それならばもう、眠るしかないんですよね。

なので最近は、夜なるべくはやめに寝るように生活習慣をかえようとしています。

そうすれば、眠りが十分に足りている時は早起きする事ができるし、眠りが足りていない時は十分にねる時間の余裕ができるからです。

「日々全力で生きる」という事は、十分な睡眠時間の上に成り立つのだろうと最近は思っています。

最後に先日93歳でなくなった水木しげる先生のお言葉をどうぞ。

dac56d56

まあいろいろ述べましたが、僕の人生の目的は単純に「幸せ」である事であって、眠りが足りている時のほうが日中「幸せ」な状態でいれるんですよね。

僕は睡眠時間にかんしては、あきらめてがんがん眠る事にします。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

眠るが勝ち
眠るが勝ち

posted with amazlet at 16.02.03
南雲 吉則
幻冬舎
売り上げランキング: 22,377

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    まっすぐのまなざし

    人間、やはり誰かに対して後ろめたい事をしてしまう事があると思います。…

  2. エッセイ

    神の存在を証明できる時

    僕は、宗教それ自身にはあまり興味がありません。ただ、そこで教え…

  3. エッセイ

    お前変わらないよな〜って言われる時に思う事

    「えー?!」です。変わらない自…

  4. 写真

    初売り掘り出しツアーに行ってきましたヨ。新年の福岡中心街の写真

    どうもこんばんは〜!昨日は彼女と彼女の妹と一緒に3人で福岡の天神ま…

  5. エッセイ

    中学生の頃に友達に催眠術をかけた話

    前回のエントリーで世界の果てまでイッテQ!の事にちょっと触れました。…

  6. エッセイ

    ぼくはずっと言葉に救われてきた

    僕はこのブログでいろんな事を語ってきましたが、結局、最近は何が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    ろうそくの炎のゆらぎと人の矛盾
  2. エッセイ

    カメラは本当に、人間の目よりも美しく景色を撮影できるのか。
  3. お店紹介

    波佐見町にある整骨院的なところ「ゼロ均整院」に行ってきた話
  4. エッセイ

    スケートボード業界最大の大会を制したShane O’neillという…
  5. タクローツアー

    佐世保軍港クルーズの案内をする兄と別れ、平戸生月の大橋を撮影してきました。
PAGE TOP