エッセイ

作りたいものが明確になったとき、意識している事。

今日、夏休みの宿題について3人で話していました。

僕は、夏休みの宿題は8月31日までがんばって、9月に入ってからもがんばっているタイプでした(白目)。

もうひとりは、夏休みの中盤で、すでに宿題を終わらせている友達から夏休みの友をかり、丸うつししたうえで自由研究は想像して終わらせるという人でした。

もうひとりは、夏休みの友は7月のあいだにおわらせて、時間のかかる自由研究は8月に。工作などは友達といっしょにわいわい言いながら終わらせるという人でした。

あなたは上の3人の中でだれに一番ちかいでしょうか。

3人の中でいちばんのグズはだれでしょう

言うまでもなく、僕だとおもいます(笑)

2人めはズルいですが、夏休みの宿題を終わらせるという目的は、まがりなりにも達しているのです。

3人めはといえば、素晴らしい優等生です。学生たるものこうあるべきであるという見本のような人ですね。

僕は昔から興味のない事にたいしてのモチベーションが低かった。その上昔は要領も悪かったのでしょう。

さて、そんな当時の僕みたいな人間の行動を言いあらわす、ピッタリな法則がみつかりました。

パーキンソンの法則

この法則は、人はあるプロジェクトに対して時間を与えられると、その時間いっぱいを使ってしまうという法則です。

また、あるプロジェクトに対して予算をあたえられると、その枠いっぱいまでお金をつかってしまうという法則なのです。

あるいは、コンピューターの記憶容量はすべて使い果たされてしまうというですね。

まさに僕がパーキンソンの法則の体現者なのですが、このまま行くとどうしようもないので、僕なりのモチベーションの保ち方をご紹介したいと思います。

将来、独立して自分で仕事をしたいと思っている人

僕は将来、自分で仕事を作ってやってみたいと思っているんですが、僕みたいな人間が何もかんがえずに自分で仕事をはじめてしまうと大変な事になるのだとおもいます。

そこで、こういう人間が上手くものごとをすすめていくにはどうすればいいのかという事ですね。

大別して、細分化する

漠然と、「しごとを終わらせる」と思っていても、なかなかやる気になりません。

そこで僕はまず、今やっている事を、「大きなかたまり」として何個かに分けます。

大きなかたまりに分けたら、つぎはその「大きなかたまり」を終わらせる為の「小さなかたまり」をつめていきます。

抽象度を変えるという事

イメージとしてはまず骨をならべて、その骨に肉付けをしていくようなイメージです。

こういうのを「設計(骨並べ)」と「実装(肉付け)」というのだと思うんですが、僕はそういう事を意識して自分のプロジェクトをすすめるようにしています。

絵を書くときにはじめに輪郭を描いて、細部を描いてゆくのに似ています。

これをあいまいにしてしまって、輪郭を描いたり細部を描いたりをいったりきたりすると何やってるかわからなくなっちゃうんですよねえ。

このブログも設計と実装です。

このブログも上とおなじ要領で書いています。

最初に見出しを書いて、見出しを書き終わったらその見出しにそった内容を埋めていくような感じです。

まあ、上からがーっと書く事もあるんですが。

なにしろこの方法を使う事で物事がけっこう単純になったりするもので、毎日ブログを書くのも楽に出来るというわけです。

同じ抽象度の事を書いている時は結構夢中になってさらさら書けたり、いきおい良くやれたりするものなんですよね。

僕はこういうやり方を覚えてから、結構ものごとが上手く行くようになりました。

まだまだ上手くやりようはきっとあると思うんですけどね〜。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
ポール グレアム
オーム社
売り上げランキング: 12,120

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    背中合わせの優しさと臆病さ

    ぼくは基本的には人に対して「それは間違っていますよ。」ということは言い…

  2. Mac

    タイピングのレベルまで上がっちゃう。世界最高峰のキーボードブランド HHKBの lite2レビュー

    どうもこんにちはこんばんは。本日もタイピングする時間がやってきまし…

  3. こころ

    ほんとうに必要なものは、少ししかないから。ぼくはモノを捨てまくる。

    ぼくはあまり、モノが好きじゃないのだ。いや、これはさすがに少し…

  4. エッセイ

    「日々を大切に生きる」の具体的なこと

    このブログの読者の人たちは何歳くらいの人たちなのか。アクセ…

  5. エッセイ

    ニッポンのジレンマ。自動化される社会にベーシックインカムが必要な理由。

    先日夜、パソコンに向かって作業をしていると「ニッポンのジレンマ」という…

  6. こころ

    複雑極まる価値観のるつぼ時代を生きる、僕らに必要な心構え

    師走の時期、また忙しい現代社会でありますから、まずは結論を述べさせてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. スポット

    佐世保観光マイスターの旅。旧陸軍佐世保要塞跡地「石原岳森林公園」
  2. エッセイ

    死について
  3. mvno格安SIM

    佐世保でWimaxはツラすぎたのでSIMフリーのスマートフォンZE500KLを新…
  4. エッセイ

    ろうそくの炎のゆらぎと人の矛盾
  5. スポット

    桜の花の咲く佐世保の写真と、新年度の始まりに購入した手帳のお話
PAGE TOP