日記

蓄音機の原理を調べてみた。デジタル世代の僕にはむしろレコードが謎でした。

record-player-disk-turntable-vinyl-stereo

録音の原理

そもそも、音を記録するという事を一番はじめにやった人はエジソンらしいです。

エジソンの発明した「蓄音機」というものですね。

その原理は、音の振動を針に伝え、その振動する針で媒体(この当時は蝋を塗りつけた円筒状のものだったらしい)に傷をつけて、再生するときはその傷にそって針を動かすというものでした。

これを見た時「なんでやねん」と思ったのですが、そうなるものはそうなるものとして理解する他ありません。

不思議ですがそういうものらしいです。

要するに、空気によって震わされた針をもう一度同じように震わせ、それを増幅して空気を震わせる事で音の記録と復元ができるということですね。

下手な図を描いてみました。

範囲を選択_130

範囲を選択_131

が、描いてる途中にいい動画を見つけましたので、時間のある人はこれを見るとわかりやすいです。
動画の18分頃からはじまります。

とても素晴らしい動画ですね。録音の原理がわかりやすいと思います。

この原理をもとに電気によって信号を増幅、機械によって制御してアナログ・レコードが出来上がるのですね。

これについては林 正儀のオーディオ講座 – Phile-webこちらがものすごく詳しくて、現代のレコードの再生技術からデジタル再生の技術まで詳しく書かれていますので、興味のある方は是非ごらんください。

CDに焼きこまれた音はデジタルなので、ある程度の人間の耳が聞こえる範囲外の音は切り捨てられてしまっていますが、アナログのレコードは、耳に聞こえる事のないすべての音が忠実にレコードに刻み込まれています。

聴く人によって、レコードの音は温かい、と言われているのはこの耳に聞こえないはずの音を体が感じ取っているからかもしれませんね。

おそらく、おおいにありうる事だと思います。音は耳で聞くのみにあらず。

耳に聞こえない高い周波数の音や、低い周波数の音も、人間の体の細胞は感じる事ができるはずです。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

しかし録音、ミキシング、マスタリング、レコードへの書き込みまですべてアナログでやってくれる場所は随分少なくなっているようですね。

一度、フルアナログのレコードをフルアナログの音響設備で聴いてみたいものです。

それではまた♪

対してこちらは現代技術の粋。
Bluetoothとノイズキャンセリングの技術を駆使したヘッドフォンのレビューです。

JBL Everest Elite700 実に高性能な耳栓としてのノイズキャンセリング

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ウェブサービス

    Amazonプライムに入っちゃった。プライムビデオ、PS3でも見れるよね。

    理由はAmazonプライムビデオが見たかったからなんですね~。…

  2. エッセイ

    giraffeong.comは1歳になりました

    ブログを書きはじめて思い知らされた事があります。それは、自分が…

  3. エッセイ

    仕事の話の追記と、祭りの後の気持ち。はーとらんどにて。

    仕事についての話の続き前回、僕じゃなくても出来る様な事をやりたくな…

  4. スポット

    海上自衛隊佐世保基地「護衛艦あさゆき」に乗ってきました!その他、佐世保の名所写真など

    今日は海上自衛隊の一般公開日という事で、佐世保観光マイスター(実在)の…

  5. ニュース

    来月から始まるマイナンバー制度について知るべきこと

    さて、いよいよ現実のものとなるようです。マイナンバー制度。こちら…

  6. スポット

    佐世保観光マイスターの旅。旧陸軍佐世保要塞跡地「石原岳森林公園」

    本日も佐世保観光マイスターの兄「タクロー」による佐世保の史跡めぐりに行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. こころ

    人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る
  2. エッセイ

    シンプルな人生がお好みの方へ!初期仏教に関して僕が読んだ本一覧
  3. エッセイ

    この世界はシミュレーターの中であると、私が信じるに至った理由
  4. エッセイ

    これからの時代のデジタルカメラの選び方
  5. エッセイ

    人間の幸福にとっても最も大切な要素
PAGE TOP