日記

人は楽器ではなく、音楽そのものだと思う。

先日、久しぶりに夜のクラブに遊びに行ってきた。

パーティの主催をしているのが、恩義のある友人で、その彼から写真を頼まれたのだった。

彼に写真を頼まれたという事は、ここ最近の私の活動について、彼の心のどこかで引っかかりを感じてもらえたからだと思う。

私は、それが嬉しくて車で1時間ちょっとの目的の場所、佐賀県武雄市に向かった。

ブログを書き始めてからは、同年代のいわゆる社交場的な場所に顔を出していなかった。

特に、そうしようと思ってやったわけではなく、なんとなく、そんな風になっていただけなんだけど。

とは言え、久しぶりに皆の前に顔を出すのはいささか緊張した。

皆僕の事を忘れてしまったんじゃないかと思っていたし、そうでなくてもブログの上で結構好き勝手な事を言っているので、僕の事を嫌いになった人もいるかも知れないとか。いきなり「お前の考え方は間違ってる」なんて頭ごなしに言われたらどうしようかとか。

しかし実際に訪れてみると、皆とても暖かく迎えてくれたし、「ブログ見てるよ」と声をかけてくれる人も多かった。

元々武雄という街の雰囲気が素晴らしいという事もある。ここはとても自然が豊かで、街の人は良い人が多い。武雄の友達は多いが、皆牧歌的で、感じのいい人間ばかりだ。

おそらく、佐賀平野という豊穣の大地が支える、古来からの米どころとしての土地柄が、そこに住む人々のDNAに余裕と人間性をもたらしたのはでないかと思っている。

何しろ、皆の優しさをいつもより新鮮に感じる事ができた事、いつもより感動していた事を翌日思い返していた。

昔の様に朝方まで飲むという事はもう、あまりやりたいと思わなくなってしまったけれども、こういう集まりに顔を出せる機会をくれた純平には感謝している。

パーティーもとても盛り上がり、十分に目的を達する事が出来た事と思う。

写真と、武雄のパーティの背景となる活動の内容は近く、このブログでも紹介させてもらおうと思っている。

みんなともっと遊びたいと思う

結局、人生で最も大切な事は遊ぶ事だと思う。

欲を言えば、出来れば自然の中がいい。

自然の中で火を囲んで、酒でも飲みながら好きな人と好きな事を話して、楽器でも持ち寄って誰かのフレーズに合わせて誰かが歌い出したり、別の楽器を合わせてみたり、そういう事がとてもやりたくなった。

別に上手く楽器を弾ける必要はないと思うし、一音ずつでも皆が持ち寄ればそれは音楽になるのだと思う。

そういう事を何度、形にする事が出来るかという事を、人生の価値とするのも悪くないと思う。

一日なんの予定もいれず、朝から皆で出かけて、それぞれそこで好きな事をしながら過ごして、青色から少しずつオレンジ色に暮れ馴染む空を見ながら、火をおこして、バーベキューを始めて、皆で音楽を奏でて、次の日の予定なんか何も考えずに、幸せな気持ちで眠れるような日を過ごしたいと思う。

満たされた一日を送る程に、眠る前におそらく少しだけ感じる寂しさは、死のニュアンスまでも味あわせてくれるんじゃないだろうか。

そしてまた、私達は生まれ変わる。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. Riversidewangのひとびと

    先日、Riversidewangというチームの撮影をさせていただきまし…

  2. エッセイ

    僕の隣のおばあさんが顔を赤らめた時に起こった事

    最近、髪が伸びたのでいきつけの美容室に行ってきました。店内はとてもい…

  3. Mac

    壊れたCFカードから写真データCR2を取り出すことに挑んだ記録 その2

    ふて寝して翌日。途方にくれた僕はこんな顔をして過ごしていました。…

  4. Linux

    壊れたCFカードから写真データCR2を取り出すことに挑んだ記録 その1

    先日、結婚式場での集合写真という貴重な写真を撮影したので、家に帰っ…

  5. エッセイ

    AEDの中身初めてみたよ。普通救命講習を受けてきた話

    先日、父親から誘われて佐世保市の消防局で開かれた「普通救命講習Ⅰ」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. レビュー

    福岡の写真とペンの収納できるリングノートがよかった話
  2. エッセイ

    もっと身も心も軽やかになりたい。心にしたがって取捨選択するという事。
  3. エッセイ

    背中合わせの優しさと臆病さ
  4. レビュー

    多分見る時期によって評価の変わる良作。「かぐや姫の物語」を見たよ
  5. エッセイ

    株やFXの短期トレードで長期的に勝ち続ける事が出来ない理由
PAGE TOP