Linux

Linuxを愛する私がMacBookPro ME865J/Aを一日さわってみた感想

まだまだ全然、自分色に染めることができていませんが、少しずつじぶん好みのシステムを構築して行っています。

MacbookPro ME865J/Aが届いたので開けてみた、その所感。

MacBookProを1日触ってみました

僕的な結論としては、やはりMacは商業的であることから、そのこと自体が限界を作っているのだろうなと感じました。

今のところ、Linuxに簡単にできてMacに簡単にできないことはたくさんあると感じます。

それは多分、Macとそれを作るAppleがそのブランドを守る為にある保守的な部分であったり、幅広いユーザー層に配慮したものなんだと思います。

しかし商業的であるがゆえに、商品的な完成度は素晴らしく、そのハードウェアとソフトウェアに一貫して施されたデザインの美しさは工業美術品のレベルだと思います。

またタッチパッドの機能性は素晴らしく、タッチパッドを自由に設定できるサードパーティー製のソフトウェア「BetterTouchTool」を使うことによって、ウェブブラウジングがマウスなしでもかなり快適にできます。

Macはやっぱり良かった

やはり、RetinaDisplayは素晴らしいし、タッチパッドの使い勝手や拡張性には驚きました。

やっぱりみんながMacMac言う理由がわかって良かったです。

Unix互換OSであることも大きなアドバンテージで、やっぱりノートPCはMacで決まりだろうなあと納得しました。

プログラムコーディングだけなら普通のWindowsのノートPCにLinuxを入れて使っても全然いいと思いますが、やっぱりウェブブラウジングは今の時代必須だと思います。

これからおそらくほとんどのコンピューターソフトウェアはウェブベースになり、ブラウザを使って操作するような形になることだと思います。

そうなるとタッチパッドで得られる直感性と拡張性はものすごく大きなメリットなんですよね。

ただ、僕のパソコンの使い方を考えると、メインで使うデスクトップPCはやっぱりLinuxがいいなと思いました。

そのくらい、Linuxの持つ世界観は素晴らしいです。

なにしろ新しい環境に触れられたことによって、僕のもう一つのコンピューター関連を専門に書いているブログもネタが増えて嬉しいです。

WisdomTrees

今日で2015年も終了ですね。

2015年、皆さんのお助けによってこのブログを運営できましたこと感謝しております。

それでは、また。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. Linux

    壊れたCFカードから写真データCR2を取り出すことに挑んだ記録 その1

    先日、結婚式場での集合写真という貴重な写真を撮影したので、家に帰っ…

  2. Mac

    タイピングのレベルまで上がっちゃう。世界最高峰のキーボードブランド HHKBの lite2レビュー

    どうもこんにちはこんばんは。本日もタイピングする時間がやってきまし…

  3. コンピューター

    IIJmioのSIMカードのサイズを変更する際に気をつけておきたい事

    先日、ついに画面バリバリの携帯からピカピカの携帯に替えることができまし…

  4. お金

    コンテンツ制作に携わる人々のブルース。次回のもくもく会で話したいコト

    一ヶ月の早さを感じております。次回のもくもく会についてです。…

  5. エッセイ

    プログラミング技術が必修になる。2020年からの小中学教育

    先日、会社に18歳のハーフの子が短期のバイトとして入ってきました。…

  6. コンピューター

    PCを持ち歩いたり、整理整頓が好きな人にぴったりのバックパック

    突然ですが、僕はバックパックが大好きなんです。理由は十分にもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. エッセイ

    (どうでもいい)悪い(?)事を無くそうとしたら、かえって悪くなる話 –…
  2. お金

    「心の豊かさ」とは何か
  3. ニュース

    前のデザインに飽きたので模様替えをしたよ!
  4. エッセイ

    悪い事を無くそうと努力すると、かえって悪くなる事もある話
  5. コンピューター

    PCを持ち歩いたり、整理整頓が好きな人にぴったりのバックパック
PAGE TOP